サイト概要>html表示とCGI表示

html表示とCGI表示

Yomi-Searchのカテゴリの表示に関して、HTML表示とCGI 表示 という言葉を良く聞きます。
当サーチでも採用しているHTML表示。(何故、HTML表示なのか?
では、Yomi-Search におけるHTML表示、CGI 表示とは?。

HTML表示とは?
(例)ビジネスと経済......../html/01.html

検索エンジンのカテゴリページが、HTMLファイルで生成されている表示形態。

html ファイルは、管理室で生成し直されると、サーバーの指定ディレクトリに入ります。
他のファイル同様、実在するファイルですからインデックスされやすいという点で
SEO対策上も適しています。
HTML表示のマイナス点を強いて挙げれば、最新データは更新を待たねばならない点でしょうか。

インデックスとは、検索エンジンのロボットが各サイトの情報をスコアリング(順位付け)して検索エンジンのデータベースに登録することです。
ロボットに巡回されても、インデックスに追加されなければ、検索されない、つまり検索エンジンに表示されないことになりますから、インデックスはSEO対策上の最初の関門です。


XMLサイトマップ自動生成
サイトマップを送信しておいてインデックスされないことはまずないでしょう。更にインデックス化のスピードが違います。サービスサイトは沢山有りますから検索してみて下さい。

urllist作成方法
ファイルをリストアップしておいてロボットがクロールしやすいようにしてあげる為のテキストファイルです。ロボットが見落としたファイルでもここに記述しておけば安心かも。

robots.txt
見てもらいたくないファイルをデータベースに登録されないようにロボットにお願いする為のファイルだと思えばいいでしょう。自動生成サービスサイトは有りますが、Googleのアカウントを持っている方であれば、ウェブマスターツールで生成する方法をお薦めします。

CGI 表示とは?
(例)ビジネスと経済.......http://www.abc-de.or.tv/yomi.cgi?mode=kt&kt=01

mode=kt&kt=のようなパラメータが付きます。
CGIがリクエストに応じてデータを抽出しその都度生成しますからファイルとして存在するわけでは有りません。
インデックスされないわけではありませんが、パラメータが複雑なものになるとクロールされにくい欠点が有ります。検索ロボットは、ホームページをHTML文書という対象にしかみませんからスクリプトによって生成される動的なページは積極的なクロールの対象にはなりにくいのです。
SEO対策としてはインデックス化という第一歩でつまづくことになります。インデックスされにくいページではSEO対策としては適切では有りません。
ただし、データはリアルタイムに最新で、更新を待ちません。
また、データの検索結果を自在にソート出来る点も魅力です。


スポンサードリンク