サイト概要>キーワードに関して
SEO対策の基本

キーワードの選定

キーワードを選ぶ

キーワードをどのようにして選ぶか。
まず自分のサイトがどういうサイトか、何をテーマに公開しているのか、掲載されている情報の主なものは何か、つまりメイン情報がどういう言葉、キーワードになるかを考えます。
キーワードはただページに羅列するものではなく、ガイドラインではなるべく固まって使われてる部分を”重要視”すると云っていますので、キーワードを盛り込んだ文章を書くことになります。
更に、その文章は頁の上部にあるほうを重要視する と云っていますので、キーワードを盛り込んだ紹介文章を、ページ上部に置くということになります。

更にこの文章を効果的にする為には
  1. 「<h1>〜<h6>」タグ
  2. strong」タグや
  3. 強調」タグ

などを使用し、これに「リンクを貼る」と、さらに重要な文章だと判断されるようです。


ところで、個々のキーワードは
<head>〜</head>間のMETAタグに書くことも忘れてはいけません。
<META name="description" content="サイトの紹介文">
<META name="keywords" content="ここに配置">

のように。(簡単なメタタグ作成は「メタタグ作成」でやってみてください)


キーワードの見直し

キーワードは定期的に見直す必要が有ります。その為には、

早い時点でアクセス解析のスクリプトを設置して日々、点検することもおすすめします。

すると「思いもかけないキーワード」で「思いがけない頁」へアクセスされていることを発見することが有ります。独自のキーワードは競合サイトとの差別化出来るキーワードです。

アクセス解析のスクリプトはたいへん多くのCGI配布サイトでサービスしていますので調べてみて下さい。レンタルサービスにも紹介しています。
Google Analyticsとウェブマスターツールを利用する
実はGoogle が大変素晴らしいアクセス解析のサービスをしていますので、案内ページをご覧になってください。同時に、Google ウェブマスターツールも是非おすすめします。これらのサービスを受けるにはGoogleのアカウントを取ってください。

ひと通り設定が済み、ある期間が過ぎてくれば、チェックツールを利用することによって、設定したキーワードが自分のサイトにどの程度マッチしているか調べてみます。もちろん、上記の「ウェブマスターツール」や「analytics」で検証出来ることは云うまでも有りません。

さらに、これらのSEO対策が果たして検索順位に反映しているかどうか、確認することが必要です
手応えを感じれば対策が立てやすくなります。
自分専用のチェックツールが欲しい方は、こちらから無料ダウンロード してください。

キーワードの選定は慎重に
キーワードの選定は非常に難しいのは確かです。

たとえばサイトの独自性を表すキーワードで真っ向勝負をしても、競合する数が多ければ上位表示は困難です。かといって、オリジナリティ溢れるキーワードは相当な賭けをすることになります。
サイトと関連性のないキーワードは「スパム行為」と判断され、せっかくの順位を下げられるペナルティを課せられることも有ります。
以下のサイトで最適なキーワードの選定をするのもひとつの方法では有ります。
キーワードウォッチャー


アクセスアップ対策
スポンサードリンク