サイト概要更新機能の活用
【解説】

【検索エンジンの上手な利用方法】

更新機能】の活用〜地道なSEO対策
新着サイトは、新規登録期間の終了と同時に、新着サイトモードでの表示をしません。また、カテゴリにおいても、新着期間時は上位に表示されますが、終了と同時に順位は下がります。いわゆる「埋もれる現象」です。何とか上位に表示されるようにできないものでしょうか。目に触れるか触れないかは集客する上で大きな差を生みます。

実は、

Yomi-Search

では【更新】したサイトを更新モードとして表示するという優れた機能が有ります。つまり、月日が経過しカテゴリの深層に埋もれていても、いったん更新すると、再び更新期間中(通常は1週間から2週間)はカテゴリの上位に表示されユーザーの目に触れやすい位置に陣取れるのです。更新することは地道なSEO対策と云えるでしょう。
サイトの内容が更新されたら、Yomi-Search の更新もしてください。

更新したマークサイトの不公平な並び順の是正
マークサイトとは、お薦めサイトm1、トップリンクm2、相互サイトm3などの特殊モードサイトのことですが、オリジナル(配布版)においては、このマークサイトが更新した場合、登録の新しい順ID番号の大きなサイトから小さなサイトの順)で並べられてしまいます。
要するに登録日の古いマークサイトは、登録日の新しいマークサイトよりも常に下位に表示されてしまうわけです。これは不公平ですし、更新の意欲を削ぐことになりかねません。
ですから、当サイトでは、登録日の新しい順ではなく「更新日の新しい順に並べて表示する改造」をしています。

更新サイトはRSS配信してます〜SEO対策を後押し
更新サイトはRSS&RSSから配信されます。
RSSの配信はGoogleなどのロボットに拾われ、リンク評価を加算される為のものです。
この意味でRSS配信もまた、SEO対策になります。

RSSの効果ついて
配信しているRSS  おすすめサイトRSS トップページリンクサイトRSS 相互リンクサイトRSS 住所(有)サイトRSS RSS配信サイトRSS おすすめサイトRSS_feedburner トップページリンクサイトRSS_feedburner 新着サイトRSS_feedburner 更新サイトRSS_feedburner